冷え症改善に睡眠は大事!

花

冷え症と睡眠はあまり関係が内容に思われがちですが、大いに関係があります。

睡眠中は、体の代謝を上げている状態です。
古い細胞がスムーズに排出されればそれだけ、新陳代謝が上がり、冷え症も改善されるでしょう!


質のよい睡眠を取る方法

なるべくお腹を空っぽにする

お腹を空っぽにしていないと、消化に集中力を持っていかれるので、ぐっすり眠れないのです。
また、夜中にトイレに目が覚める原因にもなります。

10時頃に寝るリズムを作る

昔の人間はみな10時頃に寝ていました。
かえってその時間を過ぎてしまうととたんに目が冴えてくるひとが多いのです。

寝る前に深呼吸をする

寝ることも自律神経が関わっています。
寝るときに優位にしたい自律神経は、副交感神経にしたいものです。

体を直前に温めない

実は体を温めがちな体温ですが、寝る直前は下げるほうが良いようです。
なのでベストは、寝る前の1〜2時間前にお風呂に入り、あとは自然と体温を下げていくのが理想です。